【感動】シーズー犬が守り続けたのは、見捨てられた子猫だった

【感動】シーズー犬が守り続けたのは、見捨てられた子猫だった

サウスカロライナの動物管理官の元に「土手から犬の鳴き声がする」という通報がありました。
動物管理官は犬が身動きが取れなくなってしまったのだと考え、犬の鳴き声を頼りに犬の姿を探すと、そこには思いもよらない光景がありました。シーズー犬は子猫を守るために、その場を離れず、居場所を知らせる為に鳴き続け、更に自分のミルクを子猫に与えていたのでした。

避難所に保護されてからも、シーズー犬はずっと子猫の世話をし、一緒に過ごしていました。
その後2匹は無事一緒に新しい飼い主に引き取られ、現在も仲良く暮らしているそうです。

キュンキュンしたらシェアしてね
FavoriteLoadingマーキングする


【感動】シーズー犬が守り続けたのは、見捨てられた子猫だった

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

CunCun の最新記事を毎日お届けします
CunCun週間ランキング