【ねこでら】名前の由来は、建設現場に捨てられていたネコを4匹保護した事が始まりでした

【ねこでら】名前の由来は、建設現場に捨てられていたネコを4匹保護した事が始まりでした

福井県にある御誕生寺は「ねこでら」と呼ばれています。住職さんが4匹の捨て猫を保護した事がきっかけで、どんどん猫が増えて多い時は80匹にもなってしまったそうです。

野良猫や捨て猫を保護するには餌台や治療費がかかります。その問題を解決するため、御誕生寺ではSNSを駆使して全国の猫を愛する人たちからの協力を募るようになりました。

そして募金が集まり、全国各地、海外からも猫を目当てに多くの人々が訪れるようになりました。やがて猫を引き取りたいという申し出も増えたため、御誕生寺では里親の募集も始めました。

安易にペットを飼って捨ててしまう飼い主が減り、殺処分されてしまう動物の数が減る事を願っています、

キュンキュンしたらシェアしてね
FavoriteLoadingマーキングする


【ねこでら】名前の由来は、建設現場に捨てられていたネコを4匹保護した事が始まりでした

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

CunCun の最新記事を毎日お届けします
CunCun週間ランキング